• お問合せ
  • サイトマップ
  • English
ニュース
2015年6月25日

ETC車載器の民間利用でシーイーシーと協業

クラウド型ETC利用車両認識サービス「CaoThrough」(カオ・スルー)を7月から提供開始

古野電気株式会社(本社:兵庫県西宮市、古野幸男社長、以下当社)と株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、田原富士夫社長、以下シーイーシー)はこのほど、ETC(電子料金収受システム)車載器の車両認証機能に関する民間利用分野で協業し、当社のDSRC路側アンテナをベースとするクラウド型ETC利用車両認識サービス「CaoThrough」(カオ・スルー)を7月1日から提供することになりました。

▲「CaoThrough」(カオ・スルー)のシステム概念図

◆「CaoThrough」(カオ・スルー)は、高速道路の通行などで全国に広く普及しているETCの車両認識機能を、クラウド形態のサーバと顧客管理システムをパッケージ化して提供するソリューションサービスです。この新サービスは、(1)ETC車載器の固有番号を事前登録した車両がゲートに接近すると、業界最小クラスのDSRC路側アンテナによって車両を検知・識別してゲートを自動開閉する当社独自のシステムと、(2)シーイーシーのシステムインテグレーション技術とセキュリティ認証サービスで培った認証技術、クラウドコンピューティングサービス−を活用します。

◆シーイーシーは、独立系システムインテグレーターとして、企業向けのインダストリーオートメーション事業やシステムインテグレーション事業、プラットフォームインテグレーション事業を展開しております。今回の協業は、同社が業種・業務に特化したアプリケーションやサービスを提供するなかで、当社のDSRC路側アンテナを活用した駐車場や工場・物流施設などでの車両入退管理ソリューションを共同で検討し、具体的なサービスとして顧客提供することになったものです。

◆今回のサービスブランド名は、クラウドソーシングサービスを通じて決定しました。「CaoThrough」(カオ・スルー)というブランド名には、「クルマと人が様々な場所に行くことのできる便利なサービス」という意味を込めています。

◆当社とシーイーシーは今後、複数施設の管理一元化やサイネージ表示やカメラ監視などに加えて、利用者の携帯電話・スマートフォンなど情報端末へのメール配信などを組み合わせた各種ソリューションサービスの共同開発および顧客提案活動を積極的に進めてまいります。

◆本ソリューションサービスの詳細は下記ウェブサイトと、シーイーシーから本日発表のニュースリリースをご参照願います。

 本ソリューションサービスの詳細
  URL: http://www.furuno.com/jp/dsrc/case/cloud/
 シーイーシーのニュースリリース
  URL: http://www.cec-ltd.co.jp/?p=5254

【本サービスに関する顧客お問い合わせ窓口】
古野電気株式会社 システム機器事業部 ITSビジネスユニット
(西宮)営業部営業2課(担当:橋本・山本) 電話:0798-33-7510
(東京)東京支店(担当:増田) 電話:03-5624-7473

【報道関係者お問い合わせ窓口】
古野電気株式会社 経営企画部 広報担当 山田
 電話: 0798-63-1045 URL: http://www.furuno.co.jp/

株式会社シーイーシー 企画部 広報グループ 稲垣・大森
 電話: 03-5789-2442 URL: http://www.cec-ltd.co.jp/

このページのトップへ
Copyright © Furuno Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.