• お問合せ
  • サイトマップ
  • English
ニュース
2012年6月5日

輸入艇に装備された当社の船舶用電子機器について

最近、輸入艇に装備された当社船舶用電子機器についての問い合わせが増えております。
レーダー・無線機・簡易型AIS(簡易型船舶自動識別装置)の場合、日本国内においては電波法の制約などが存在しており、そのままでは使用できません。
つきましては、以下の点についてご理解のほど、お願い申し上げます。

<レーダー・無線機・簡易型AIS(簡易型船舶自動識別装置)>

日本と海外では電波に関する法律が異なります。当社より輸出されたレーダーや無線機、簡易型AISについては、電波法に基づいた総務省の認証取得機とはみなされないため、輸入艇に装備された状態であってもそのまま使用できません。従いまして、既に装備された輸入艇におきましては、当該機器の取り外しを行い、当社正規代理店を経由して一旦当社工場に引き取り、修理対応にて認証機への変更処理を行う必要があります。

[対象]
1.国内で販売している機種型式と同じ機器
2.在販期間内の機器
(※ただし、上記条件を満たしていても国内仕様にできない機器もありますので、詳細は最寄りの支店・営業所へお問い合わせください。)

<NavNet 3D、NavNet TZtouch 用チャート>

NavNet 3D/TZtouch は、国内向け製品と海外向け製品では仕様が異なります。国内向け製品には日本チャートを標準で内蔵し、データ供給元の(財)日本水路協会に対して、データ使用のロイヤルティーを支払っております。従いまして、既に装備された輸入艇におきましては、日本チャートの書き込み作業と(財)日本水路協会へのロイヤルティー支払のための処理が必要となります。この場合も、レーダーや無線機、簡易型AISと同様に、当該機器の取り外しを行い、当社正規代理店を経由して一旦当社工場に引き取り、修理対応にて処理を行う必要があります。

いずれの場合も、当社にて一連の手続きをさせていただきますが、修理対応特別処理ということでお時間をいただくことになる上に、検査・調整費用、ロイヤルティー料などが発生いたします。つきましては、輸入艇をご検討される方で当社製品の装備をご検討されている場合は、最寄りの支店・営業所へご相談いただけるよう宜しくお願い致します。

<お問合せ先>
古野電気株式会社 舶用機器事業部
当社支店・営業所:http://www.furuno.co.jp/contact/marine_list.html

このページのトップへ
Copyright © Furuno Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.