本文へスキップします。

ニュース詳細

フルノは海洋OS「Marindows」開発・普及に、共創パートナーとして参画します

2021年03月05日

古野電気株式会社(本社:兵庫県西宮市、古野幸男社長、以下、当社)は、株式会社e5ラボ(所在地:東京都千代田区、一田朋聡社長、以下、e5ラボ」が3月3日付けで設立したMarindows株式会社の、海洋OS「Marindows(マリンドウズ)」開発・普及に、共創パートナーとして参画します。

海洋OS「Marindows」は、海上ブロードバンド(BB)通信、デジタルトランスフォーメーション(DX)、人口知能(AI)の機能を取り入れた進化と拡張可能な一気通貫型のデジタルプラットフォームです。
船舶データをコアとしつつ、商船の運航効率化、乗務員の業務負荷低減、環境負荷低減など、海事産業が抱えるさまざまな課題解決につながるサービスの展開を目指しています。

当社は、舶用機器メーカーの枠を超え、用途に応じた船内ITネットワークのデザインに加え、FOP (FURUNO Open Platform) を使って本船機器との連携を推進し、本船のIoTデータの統合化、一元化による効率的な活用を目指しております。

e5ラボ(イーファイブラボ):旭タンカー、エクセノヤマミズ、商船三井、三菱商事4社のジョイントベンチャーとして、ゼロエミッションの電気推進船(EV船)を軸に持続可能な社会の実現を目指しています。

関連リンク

2021年3月3日発表(e5ラボ):「Marindows株式会社」を設立
https://www.marindows.com/news-001

このページに記載されているニュースやその他の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。