• お問合せ
  • サイトマップ
  • English
フルノのテクノロジー
こんなところにもフルノ
関西国際空港ができるまで
人々の安全な暮らしのために
フルノが支える地上デジタル放送
AISの仕組み
AISって、何?
AISって、何?

≫拡大

AIS(Automatic Identification System船舶自動識別装置)とは、一般にエーアイエスと呼ばれており、洋上を航行する船舶同士が安全に航行するよう、航行情報を相互に交換するための装置です。衝突予防と人命安全という観点から、船舶への搭載が義務化されました。

運用の目的は、(1)船舶を識別すること、(2)目標物の追跡を支援すること、(3)航海情報の交換を容易にすること、(4)衝突防止に役立つ情報を提供すること、(5)無線電話による船舶通報を減らすことです。

このため、AIS装置は常に電源をオンにしておく必要があり、停船中であっても、自船の船舶情報を発信し続けることで、どこから眺めても当該船の居場所がクリアにわかるシステムになっています

情報交換はどのようにして行われているの?
情報交換はどのようにして行われているの?

≫拡大

AISは、陸上に設置される設備と、船舶に装備する装置で構成されています。

陸上施設は通常、海上交通センターに設置されており、船舶にはAIS装置が装備されています。AIS装置からは、自船の識別符号、船名、位置、針路、船速、行き先など個別データがVHF電波により自動的に発射され、付近を航行している他船や、海上交通センターで受信される仕組みとなっています。

通信範囲は?
通信範囲は?

≫拡大

AISは無線周波数のVHF帯を使用しています。許可される送信・受信周波数は、156.025〜162.025MHzで、実際は国際波2波、東京湾は他に国内地域波2波で運用されています。

サービスエリアについてはVHF電波の特性により左右されます。クラスAのAISの送信出力は12.5ワットです。

通達距離は基本的に見通し範囲内で、大体20NM(Nautical Mile/海上マイル)位です。1ノーチカルマイルは1852メートルですから、およそ37キロメートルになります。

航行が混み合う海域などでは、海上交通センターから送信出力低減の指示があると送信出力は2ワットになります。

国内のAISサービスエリアは?
国内のAISサービスエリアは?

≫拡大


国内のAISサービスエリアは?

≫拡大

VHF電波は遠距離への伝搬が期待できないため、使用エリアは限られています。

わが国のAISは、平成16年に東京湾海上交通センターが、全国初のサービスを開始し、東京湾内のほか、房総から駿河湾まで広い海域をカバーしています。

同センターのAIS運用は、センターのある観音崎のほかに、浦安レーダー施設、本牧船舶通航信号所、そして勝浦、野島崎、伊豆大島、石廊崎の各灯台にAISの陸上局を開設しています。これにより房総半島周辺から相模灘、伊豆半島西沖までサービスエリアとしてカバーしています。

その他、備讃瀬戸海上交通センターでは、播磨灘の西海域あたりから広島県福山の手前あたりまでカバーしています。

このページのトップへ
Copyright © Furuno Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.
AISの構成 AIS情報の表示画面