本文へスキップします。

ページタイトル

環境マネジメント

コンテンツ

環境マネジメントシステム

フルノでは、事業活動に伴う環境負荷を継続的に低減するために、ISO 14001に基づいた環境マネジメントシステムを構築しています。

環境問題が深刻化する中、フルノは1998年から環境マネジメントに取り組み、1999年12月に三木工場において環境マネジメントシステム(ISO 14001)の認証を取得。「青い海、緑の大地を守るフルノMIKI」をスローガンに、生産活動によって生じる廃棄物の削減や分別収集の徹底によるリサイクル活動を推進してきました。 その後、2001年3月に製品開発部門のある西宮事業所地区と、つづいて2003年8月に産業用・医療用機器の開発、製造、販売部門を有するフルノINTセンターにて環境マネジメントシステムの認証を取得し、2016年12月に3事業所の認証を統合しました。

フルノはこれからも、定期的な見直しを図ると共に環境マネジメントシステムの継続的改善を推進していきます。

ISO 14001認証取得状況

2018年7月現在

登録組織名 登録組織名 認証機関(登録番号)
古野電気(株)
EMS適用範囲(117KB)
ISO 14001:2015
船舶用電子機器、産業用電子機器、医療用機器の研究・設計・開発および製品の製造・販売・サービス
BSIグループジャパン
認証 イメージ
(EMS623931 / ISO 14001)

環境組織

環境組織 イメージ

関係会社:株式会社フルノシステムズ 神戸支社、フルノライフベスト株式会社、株式会社フルノソフテック、ラボテック・インターナショナル株式会社

環境監査

当社は、ISO 14001に基づき、毎年認証機関による審査を受け、ISOの認証を維持するとともに、環境マネジメントシステムの継続的改善・向上に努めています。また、毎年実施する内部監査により、環境マネジメントシステムが効果的に運用され、機能しているか監査し、その結果を継続的改善に活かすようにしています。

2017年度の実施状況

  事業所名 監査の結果 指摘内容と改善策
内部監査 三木工場 不適合
0件
西宮事業所地区 不適合
1件
<指摘内容>
  • 環境目標の計画変更に対するレビューと承認が不明確
<改善策>
適切な処理を行うための手順を確立
フルノ
INTセンター
不適合
3件
<指摘内容>
  • 中期目標実績評価の実施漏れ
  • 環境影響評価から環境目標への展開確認が不十分
  • 危険物保管庫管理が不十分
<改善策>
3件ともに帳票の改善等、運用を改善し是正
認証機関による審査 3事業所共通 不適合
5件概要
<指摘内容>
  • 環境影響評価と環境目標との関連性に明確ではない部分がある
  • 法規制順守評価対応に不十分な点がある

<改善策>
5件ともに運用の仕組みを改善し是正            

 三木工場  不適合
0件
西宮事業所地区 不適合
0件
フルノ
INTセンター
不適合
0件

環境教育・啓発

古野電気では、従業員一人ひとりが環境経営への知識と理解を深めるため、さまざまな環境教育や、啓発活動を継続的に行っています。

全従業員環境教育

古野電気では、全従業員を対象に環境教育を実施しています。 2017年度は、ISO 14001環境マネジメントシステムの規格が大幅に改定されたことにより、改訂された背景や環境経営を継続するための重要性について、e-ラーニングにより教育・周知しました。

階層別等による環境教育

古野電気の経営層をはじめ、管理者、新入社員、内部監査員毎に、必要に応じて当社の環境経営の考え方やリスクなどについて教育を行っています。
さらに、各事業所・業務の特性に合わせた環境教育も実施しています。

環境講演会

環境講演会 イメージ

他社の環境に関する取り組みや、考え方を参考にするため、外部から講師を招き、環境講演会を実施しています。