本文へスキップします。

ページタイトル

環境方針

コンテンツ

環境理念

持続可能性の追求のために、「地球環境の保全」、「循環型社会の形成」、「生物多様性の維持」の3つを軸に、我々の事業活動で成すべきこと、そして製品の目指すべき姿を環境方針として定め、環境経営に取り組んでいきます。

環境理念 イメージ

スローガン

守ろう、私たちの地球!進もう環境の21世紀を!
古野は環境に配慮した製品をつくり続けます。

環境行動指針

(1) 地球環境の保全に向けて

環境配慮設計を通して、地球環境の保全に資する製品・システムを開発し、調達から製品の製造・販売、廃棄に至るまで省エネルギー、省資源、温暖化ガスの排出削減に貢献します。

(2) 循環型社会の形成に向けて

廃棄物の「リデュース(削減)」、資源の「リユース(再使用)」、「リサイクル(再資源化)」を推進し、製品ライフサイクルおよび事業活動における廃棄物の削減に取り組みます。

(3) 生物多様性の維持に向けて

製品に含まれる化学物質のリスク管理を行い、地球環境や生物に対してリスクの大きい化学物質については重点的に削減や代替に取り組みます。
また、漁業の効率化、水産資源管理に役立つ機器・システムの開発・提供を通して、持続可能な漁業、海洋環境の保全に貢献します。

(4) 環境と社会との共生をめざす企業風土の醸成

環境コミュニケーションの推進のため、環境方針及び自らの活動、成果内容を社内外に積極的に開示するとともにステークホルダーとの対話を促進し、信頼関係の維持、発展をめざします。
また、当社の事業活動に係わる環境法規制等の順守はもとより、環境活動を通しての社会的責任を果たすため、社会との共生をめざし自ら積極的に地域・社会貢献活動に取り組む人材を育成します。

制定:1999年5月21日
改定:2012年6月5日

古野 幸男 サイン
古野電気株式会社
代表取締役社長 古野 幸男

関連リンク