本文へスキップします。

ページタイトル

取引先さまとのかかわり

コンテンツ

調達方針

古野電気は、「各国・各地域で適用される公正な取引に関する法令・規則などを順守する」ことを行動規範に掲げています。国内外を問わず公平な取引の機会を設け、QCD+E(Q:品質、C:価格、D:納期、E:環境)の視点から公正な評価により調達を実施することはもちろん、あらゆる法・社会規範を順守し、取引先さまとの相互信頼関係を築くことを基本方針とし、健全な取引関係の構築・維持に努めています。

資材調達基本方針

1. 調達倫理の順守

私たちは、関係する国内外の法令および「フルノグループ行動規範」を順守します。 また、会社の代表としての自覚を持ち、健全な取引関係を堅持するために、取引先さまおよび見込取引先さまからいかなる個人的利益を得たり、社会的常識の範囲を超えた接待や贈物を受けることを禁止します。

2. 公平・公正な取引

私たちは、国籍、企業規模の違いを問わず、すべての取引先に公平な参入機会を提供し、明確で且つ合理的な審査基準に則った公正な取引を行います。

3. 取引先さまとの共生

私たちは、国籍、企業規模の違いを問わず、取引先さまとは対等な立場で誠実に応対し、相互信頼に基づく共生関係の構築と、この維持に努めます。

4. 最適調達の追求

私たちは、常に国内外の最適調達を追求するために、継続的な「品質:Q」「価格:C」「納期:D」の向上と「環境:E」へ配慮した調達活動を推進します。

5. CSR(Corporate Social Responsibility)の推進

私たちは、会社のCSR活動をサプライチェーン全体で実践すべく、取引先さまに対して積極的な啓蒙活動や協力要請および必要な支援に努めます。

取引先選定方針

1. 健全な経営

コンプライアンスに則った経営を実践し、環境に配慮された事業活動と、健全な事業経営を推進していること。

2. 最適調達

「品質:Q」「価格:C」「納期:D」「環境:E」に対して、当社が求める水準を満たしていること。

3. 安定供給

当社の注文情報および所要情報に基づいた供給体制と能力を有していること。

4. 技術力

当社製品の性能、品質およびコスト低減に貢献できる技術力を有していること。

5. 情報管理

個人情報や機密情報、その他取引に必要な情報を適切に取り扱う管理体制を有していること。

6. CSR

良き企業市民として行動していること。

グリーン調達への取り組み

近年、環境問題への社会的関心が高まっており、EU(欧州連合)では、WEEE指令、RoHS指令の発効を始めとして、製品に対する環境規制の強化・法制化が行われています。また、企業の社会的責任としての地球環境対策、法規順守など、環境面における生産者責任を果たすために、古野電気では2004年に「部品・部材グリーン調達基準」を制定し、製品を構成する部品・材料について含有化学物質に重点をおいた資材調達を実施しています。

仕入先さまにおかれましては、地球環境保全に向けた取り組みの重要性をご理解いただき、ご協力をお願いしております。

「グリーン調達ガイドライン」

CSR推進への取り組み

CSR推進への取り組み イメージ

取引先さまは、当社のモノづくりを支える重要なパートナーです。共存・共栄で高品質なモノづくりをするために、取引先さまと定期的に戦略や方針などを共有し、相互理解を深めると同時に、サプライチェーン全体でCSR活動の推進に取り組んでいます。

紛争鉱物への対応

古野電気は、調達活動における社会的責任を果たすため、武装勢力の資金源となる「紛争鉱物」の不使用に向けた取り組みを推進していきます。 取引先の皆さまには、本取り組みをご理解いただくとともに、フルノグループが調査を実施する際にはご協力をよろしくお願いいたします。

コンゴ民主共和国およびその周辺国で産出されたタンタル、タングステン、錫、金またはそれらの派生物で、その取引が深刻な人権侵害を行っている武装勢力の資金源になっている問題

海外調達における品質体制

品質体制 イメージ

三木工場では、10%弱の割合で海外から仕入れた部品を使用しています。このような海外製の部品も含め、新製品に採用するすべての新部品について受け入れ検査を実施し、品質を検証しています。あわせて、新部品採用前に現地メーカーに出向き、工場品質管理体制および現地生産品の厳格な事前審査も行っています。また、自社製造工程においても全数検査を実施することで、高い信頼性を確保しています。